FC2ブログ

過剰摂取ログ

細けぇこたぁいいんだよ

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ツーリングログ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

20120731戸隠神社ツーリング・後

前フリから間が空きましたが、本編です。


実際戸隠へは群馬を抜けて行かねばならず、
くるとんといくつか寄り道をして走ろうという計画に落ち着きました。

まず訪れたのは八ッ場ダム建設地の川原湯温泉。


IMG_4132.jpg
右の建物が川原湯温泉駅。
後ろの柱がダムの支柱…かと思っていましたが、ダム建設後のダム湖を横切る橋になるとの事。
この写真の奥が上流、手前が下流になっているので、ここから少し下ったところにダムが建つ予定のようです。


IMG_4127.jpg
橋の建設現場を上から撮ったところ。

川原湯温泉街も通過しましたが、山の斜面に素朴な宿が立ち並ぶ昔ながらの温泉街といった印象でした。
自分はダム好きでもありますが、それ以上に温泉好きです。
周りには草津を始め伊香保や四万といった有名温泉の湧き出る土地。
温泉街を通るとほのかに香る硫黄の匂い。
入ったことはないですが、泉質も良いものには違いないでしょう。
そんな温泉を沈めてまでダムを建てるのかという所には疑問を感じざるを得ません。
温泉を守ってきた方々は悔しいだろうなぁ。

と思いつつも一般ピープルには何も出来はしないので


IMG_4148.jpg
写真を撮って次へ。
ダム湖が出来ると丁度このあたりが湖面になるそうです。



川原湯温泉から北上していくと、草津温泉が見えてきます。
しかし今回は用がないので華麗にスルー。
スキー場を越えるとドンドン標高を上げて行き、
キングオブ山岳ドライブウェイ、滋賀草津道路へと出ます。


IMG_4150.jpg
何度か通っているのだけど、快晴はやっぱり気持ちいい!


IMG_4159.jpg
少しでもここのスケール感が伝われば。


IMG_4164.jpg
ちなみに本日はこの二台でお送りしています。

前回のソロツーのビーナスラインも相当なのだけど、
ここがキングたる所以がこちら渋峠。


IMG_4172.jpg
国道最高所なんですねー。
あくまで「国道」なんで、県道とか含めたらもっと上はあるんだけども。
いやしかしここでも既に


IMG_4170.jpg
雲上の絶景が拝めます。

さすがにライダーも多く、先程の石碑の前で大の大人がみんなハシャイジャッテ記念写真を撮っています。
私たちは別に前にも来た事あるし、来ようと思えばすぐ来れるし、
きっと初めて来た人も居る事だろうと譲って、そんな光景を冷ややかに眺めながら渋峠を後にするのでした。




























IMG_4175.jpg



渋峠から少し草津方面に戻り、万座温泉方面へ。
この道を須坂まで下り戸隠高原へ抜けていくのですが、ここでまた寄り道。


IMG_4179.jpg
例のグンマー画像の地、毛無峠がこの辺りになります。


IMG_4197.jpg
名前の通り、高い木々は生えない場所のようで。
春先や秋口はもっと荒涼とした風景になるようですが、夏の今は草が生い茂っていました。

群馬看板から先へ行くと、つづら折の林道が続いており、
終点は元鉱山の集落があった所へと繋がっているとの事。
わりと斜面が急で砂利が深かったので今回は踏み入りませんでしたが、
オフ車で是非終点まで走ってみたい道。
荒涼としたシーズンにまた来たいな~。


IMG_4198.jpg
右の尖ったのがたぶん破風岳(はふだけ)。
何だか、ラジコン飛行機を飛ばしてる集団がいました。
左の空に映ってるのがそれで、結構そちらの界隈では有名な場所なのかも?


IMG_4189.jpg
有名な謎看板「アチャー・ダンベの国境」。
ネットで軽く見る限り方言の事っぽいですが、真相は不明。


一通り遊んで写真とって、長野方面へ。

下ったコンビニで小休止しつつメロンとスイカを食す。


IMG_4219.jpg
懐かしい味!夏だね!


またしても有名所な善光寺をスルーし、戸隠高原へ上っていきます。
この道が結構良くて、「戸隠ループライン」ではループ橋をいくつか通るクネクネ道。
途中から「戸隠バードライン」に出ると、今度は木々のトンネルを行く真っ直ぐな道。
メリハリのある道を楽しんでいるといつの間にか戸隠高原へ。

また戸隠神社も五社もありやがるもんで、
回りきらなければ気がすまない俺達はいざ挑む!!


IMG_4225.jpg
カイダァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン!!

最初からこれで既に心が折れかける。
今パンフ見たら270段だって。


IMG_4232.jpg
登った先にある宝光社。
最初からこのスケールで圧倒されますが、他も同じかそれ以下かという大きさでした。


IMG_4242.jpg
宝光社から少し走るとある、火之御子社(ひのみこしゃ)。
マーズ?
ここは近くに駐車場という駐車場が無いので、バイクの機動性が活かされたよね。


IMG_4250.jpg
また階段キター!!
とビビッて境内に近い裏手にバイクを停めたものの階段の規模はそんなでもなかった中社。

さぁ、そしてラスボスの奥社へ!!


IMG_4261.jpg
奥社へ!!


IMG_4265.jpg
奥社へ!!


IMG_4269.jpg
着かねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

パンフ「参道は半里(ドヤァ」

最初は平地なものの、奥に行くにつれ角度を増してくるという周到さ。
いやしかしこの杉並木はたいした巨大さ美しさです。

そんな杉並木を見飽きた頃に奥へ到着。


IMG_4282.jpg
九頭龍社。
剣心?
ここの社名は厨二がかってる気がするのは気のせいか。


IMG_4285.jpg
奥社。
社殿はいちばんしょぼいものの、その背後にそびえる巨木、そして戸隠山が信仰対象という事なのでしょう。
やはり自然信仰万歳。


IMG_4286.jpg
こちらが戸隠山。
なにかが写りこんでいます。

ここまで歩いた甲斐もあり、戸隠御朱印もコンプ!


IMG_4352.jpg
なんかあまりコンプ!とか言いたくないのだけどつい言っちゃうよね。

ヘトヘトになりながらバイクへと帰り、中社近くにある温泉「神告げ温泉」へ。
1日歩いた汗を流して、お風呂に浸かる。
L字の洗い場に浴槽は一つというなんとも小さい温泉でしたが、ゆっくり温まることが出来ました。

お風呂後は戸隠蕎麦を食べに、有名店の「うずら屋」へ行く予定でしたが、
先ほど前を通った時に既に終わってそうな雰囲気だった事、
それ以上にもう動きたくなかったので、温泉の食堂で戸隠蕎麦をいただきました。


IMG_4302.jpg
久々に蕎麦らしい蕎麦を食べた!


IMG_4304.jpg
ほんとにもー、
温泉入って、
美味しいお蕎麦食べて、
畳に寝転がって。
窓の外からは涼しい高原の風。
夕暮れ時のひぐらしの鳴く声。
日本人で良かったと思える瞬間でした。

これで日本酒でもあればパーフェクトでしたが、
日帰り故、帰らなければなりません。
200キロ以上走って埼玉に着いた頃にはグッタリでした。

またも、良い旅であった。
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments


12 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

横G

Author:横G
バイクとか
車とか
旅とか
音楽とか
マンガとか
アニメとか
酒とか
すきです。

リンク
カウンター
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。